ネイルニュース

甘皮処理〜ネイル基礎知識〜

ジェルネイルを始めると耳にする「甘皮処理」というワード。
仕上がりの美しさや持ちを左右する重要な工程ですが、具体的には何をすればよいのでしょうか?
そもそも甘皮とは?処理しないとダメなの? といった疑問に、お応えします。
必要な道具や実際の手順についても、順を追って見ていきましょう。

 

甘皮処理とは?

甘皮とは、爪の根本を覆う薄い皮のこと。
爪を細菌や異物から守る大切な部分ですが、角質化すると水分や油分が失われ、爪の成長を妨げてしまいます。
角質化したものは「ルースキューティクル」と呼ばれ、爪の表面に張り付いて伸びていきます。
その、張り付いた不要な部分を取り除くのが「甘皮処理」です。

正しく甘皮処理をすることで、ジェルが定着しやすくなり美しい状態が長持ちします。爪の面積が広がるため、見栄えのよさも格段に上がりますよ。

1、必要なアイテム

甘皮処理をする際に、揃えておきたいアイテムがこちら。

1 キューティクルリムーバー

角質をやわらかくする効果があります。痛みや爪の傷を防いで、スムーズな甘皮処理の手助けをしてくれます。

 

2 メタルプッシャー

甘皮を押し上げる金属製の器具です。先端が薄いタイプを使うと、爪にフィットしやすいです。

 

3 ガーゼ

甘皮を拭き取る際に必要です。コットンやウェットティッシュでも、代用できます。

 

4 キューティクルニッパー

通常のニッパーではなく、ネイル用のものを選びましょう。刃先が短く、甘皮をカットするような細かい作業に向いています。

 

2、手順

1 手を消毒する

甘皮は繊細で細菌が入りやすい部分です。必ず、手洗いと消毒を済ませ、清潔な状態でスタートしましょう。

 

2 甘皮にキューティクルリムーバーを塗る

爪と甘皮の間を埋めるように塗り込み、甘皮をやわらかくします。

 

3 メタルプッシャーで甘皮を押し上げる

メタルプッシャーを30〜45度に立て、丸みのある面を上にして爪に当てます。そのまま、甘皮を根元に向かって押し上げます。

メタルプッシャーを軽く水に濡らした状態で、力を入れずに優しく動かすのがポイントです。

 

4  ルースキューティクルを取り除く

清潔なガーゼを指に巻き付け、ルースキューティクルを拭き取ります。撫でるようにして、絡め取るイメージです。

ルースキューティクルがついているとジェルが浮いてしまうので、丁寧に行いましょう。

 

5 残った甘皮をカットする

キューティクルニッパーで、取り除ききれなかった甘皮やささくれをカットします。出血する可能性があるため、挟んだまま引っ張らないように気をつけましょう。

 

家にあるもので甘皮処理

甘皮処理の方法がわかったところで、さっそく実践してみたいですよね。

しかし、初心者の方だと必要な道具がまだ揃っていないケースもあるのではないでしょうか。

実は、専用の道具を使わなくても、普段家にあるもので手軽に甘皮処理をすることができるんです。

 

必要な道具は、ハンドグリーム・綿棒・ウェットティッシュの3点だけ!

手順も、専用の道具を使う場合とほとんど同じです。

 

1 甘皮にハンドクリームを塗る

ハンドクリームにも角質をやわらかくする効果があるため、キューティクルリムーバーの代用として塗りこみます。

 

2 お湯で甘皮をふやかす

お風呂くらいの温度のお湯を用意し、10分程ふやかします。容器はマグカップやボウルなど、身近にあるものでOKです。甘皮の様子を見ながら、お湯につける時間を調整しましょう。

 

3 綿棒で甘皮を押し上げる

メタルプッシャーの代用として、綿棒で押し上げます。円を描くように、やさしくクルクルと動かすのがポイントです。

 

4 ルースキューティクルを取り除く

3で残ったルースキューティクルや汚れを、ウェットティッシュでやさしく拭き取ります。

食べ物をテイクアウトするとついてくる、使い捨てのおしぼりを有効活用することもできますね。

ハンドクリームの油分が残っていると、ジェルネイルが浮いてしまうので、丁寧に拭き取ってからカラーリングに移りましょう。

 

・注意点

適切なケアをするために、注意しておきたいポイントがあります。

 

【ケアの頻度】

甘皮処理は、2〜3週間に1度のペースで十分です。

キレイになるのがうれしくて、つい頻繁にやろうとしてしまいますが、何事もやりすぎは厳禁。

本来、甘皮は細菌が入るのを防いでくれるため、取り除きすぎると出血や炎症を起こしてしまうことがあります。

健康な爪を守るため、適度に間隔をあけましょう。

 

【保湿とセットで】

せっかく甘皮処理をしても、そのまま放っておくと乾燥でささくれができてしまいます。

特に今は、手指消毒をする頻度が高いため、肌が荒れがちですよね。

甘皮処理をしたら、ネイルオイルやハンドクリームで、あわせて保湿も行いましょう。

「オイルは、手洗いのついでに塗る」など、自分なりにタイミングを決めてこまめに塗ると、潤いのある健康な状態をキープできます。

 

まとめ

ここまで、甘皮処理についてご紹介してきました。

ジェルネイルの下準備としてはもちろん、素の状態でも美しさを保つため、丁寧にケアしたいですね。

定期的に甘皮処理をすれば、爪は美しく健やかに育ってゆくもの。甘皮を押し上げることで爪の見える範囲が広がり、徐々に爪が長くなっていく効果も期待できます。

爪のコンディションが整うと、シンプルなワンカラーでも映えるため、ネイルアートがどんどん楽しくなりますよ。

今回ご紹介したように、家にあるものでも十分ケアできるので、気軽にトライしてみてくださいね。

爪の細部にまで気を配って、洗練された指先を目指しましょう。