占い

【風の時代】今とるべきオススメのアクション5選!

2020年12月22日に占星術では、水瓶座で社会の動きを象徴する木星と土星がグレートコンジャンクションを迎えました。

まさに新しい時代「風の時代」の幕開けです。

コンジャンクションとは、天体同士が同じ位置でピッタリと重なることを言い、そのなかでも私たちの社会や生活に最も影響を与える木星と土星が重なることをグレートコンジャンクションと言います。

これによりこれまで物質的、現実的、堅実、といった「地の時代」から、200年に1度という時代の節目を迎え、「風の時代」へとシフトチェンジしました。

「風の時代」を乗りこなすための考え方・過ごし方

では具体的に「風の時代」とはどのような特徴があるのでしょう?
「風の時代」を象徴するキーワードは、情報、変化、統合、調和、革新、個人、個性、共有、ボーダーレス、自由、平等、博愛、心の喜び、などです。

そんな「風の時代」を上手に乗りこなすための考え方や過ごし方をこれからお伝えしていきますね。

 

①自分軸で生きる

これまで社会の中での立ち位置や上下関係を重んじる地の時代から、個人や個性を重んじる風の時代へと変化しました。
周りの雰囲気や人の目を気にするのではなく、自分ならどうするか? どうしたいか? に焦点をあてるようにしましょう。直感を信じ、あなたが良いと思うもの、心地よいと感じるものを選択してください。

自分軸で生きるということは、自己中心的になる、とか、わがままになるといったことではありません。ただ、周りを大切にするのと同じように自分の気持ちや自分自身も大切に扱ってあげるということが大事なのですね。

常日頃から直観力や判断力を高めるために、自分の気持ちや好きなものなどをメモしたり、日記をつけたりするのもオススメですよ。

②フリーランスを始める

風の時代となり、個性や個人の能力を活かす時代へと変化し、仕事に対する考え方も徐々に変わってきました。
コロナウイルスの蔓延という社会背景も重なり、風の時代はフリーランスで仕事をする。といったかたも多くなってきたのではないでしょうか?

フリーランスとは、特定の企業や団体、組織に専属せず、自身の技能やスキルを提供することにより社会的に独立した個人事業主のことです。

会社に出向き、決まった時間を拘束されることなく、自分で自由に業務を遂行することができるのは、まさに自由を司る風の時代の象徴とも言えますね。

③副業や副収入を得る

コロナウイルスの影響で収入が少なからず減った、というかたは多いと思います。そういった事情も配慮し、最近になって多くの企業が副業を認めるようになりました。

本業とは全く違ったジャンルに挑戦することも新しい能力の発見となり、オススメです。もちろん、これまで通り自分の経験や知識、スキルを活かした仕事をするのも良いでしょう。

また、これまでやってみたかった仕事などを思い切って始めてみると思わぬ収入を得ることができるかもしれません。もしかすると、副業が本業へと変化するかたもいるかもしれませんね。

④情報を重視する

情報社会と言われるほど、現在は様々な情報が飛び交っています。私たちはそういった多くの情報から、自分の欲しい情報だけを吟味して手に入れる必要があります。

情報の中には間違ったものも含まれます。それらを私たちは自分の判断で見極める必要が出てくるわけです。

これまで、地の時代で主な情報手段は、テレビや新聞、ラジオといったメディアがメインでした。しかし、風の時代となった今では個人がスマートフォンを持つ時代。

欲しい情報をすぐに手に入れることができるようになりました。水瓶座の時代とも言われる現代は、まさにITを使いこなすことがカギとなります。

SNSを始めたり、YouTubeなどを始めてみても良さそう。また、個人で出版できる電子書籍などで情報を共有したり、副収入を得たりするのもオススメですよ。

 

⑤キャッシュレスを利用する

常に移り行く変化の時代でもある風の時代は、スピード重視と言われています。今後もキャッシュレス化の動きが益々強まりそうですね。

これまで物質的なものを重視していた地の時代から、手放し、身軽になる風の時代を迎え、必要最低限のお金だけを手元に置き、荷物は最小限にすることが良いとされます。

そういった意味ではミニマリストも増加してくるでしょう。現金に依存されているかたは今から少しずつ、キャッシュレスな生活にチャレンジしてみるようにしてくださいね。

 

⑥横のつながりを大切にする

これまで縦のつながりや地位などが重視されてきた地の時代から、横のつながりを大切にする風の時代へと変化してきました。

風のエレメントである水瓶座は、平和、自由、平等、博愛を象徴するものです。これからの時代は、権力による支配や差別的な考えはナンセンスですね。世代を超えた友情や、人種や性別を超えた友情を育んでいきましょう。

育った環境や社会的地位に関係なく、自分の価値観の合う友人、お互いに刺激を受け成長できる友人との出会いを大切にしたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

時代の変化を迎えるにあたって、どんなことに気をつけたらよいのか?

どんなふうに過ごせば、風の時代を上手く乗りこなすことができるのか?についておわかりいただけたかと思います。

ぜひ、これらを念頭に置き早速行動に移してみてください。風の時代があなたにとって素晴らしいスタートとなることを願っています。